QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
二式大型七面鳥
二式大型七面鳥

2017年08月09日

初サバゲ追記。

七面鳥@太もも絶賛筋肉痛です。

発サバゲの興奮が冷めやってきたので、いろいろ追記したいと思います。

まず最初に、写真の二次利用に承諾をくれましたASOBIBA桜木町さんに感謝を申し上げます。

さて。
当日、七面鳥が持ち込んだ銃は三丁。
#マテバは完全にお飾りなので員数外。
FA-MASとデトニクスとウィルソンLE。
それぞれ、最初の弾速チェックで実力が明らかに。
FA-MAS     85m/s程度
デトニクス   55m/s程度
ウィルソンLE 30m/s程度
(全て0.20g弾)
……ウィルソン爺さん、寄る年波には勝てんか……
というか、撃てる段階で凄いのかも知れないけれど。
でも実際、意外にまっすぐ飛ぶんですよ、BB弾。
弾道は山なりで目で追えるスピードだけど、弾道そのものはものすごく素直。
デトニクスはこんなもんだとして、FA-MASはジャンク上がりとは思えない性能。そして当たる。FA-MAS、良い子。

桜木町のステージは設定によって違うのでしょうけれど、今回は一貫して薄暗い設定。敵味方識別が非常に難しい。そして射線が通らないように見えて、実は何カ所かえらい遠距離で射線が通るスポットが。実際今回は赤組に遠距離から当ててくる人がいて結構鬼門でした。

今回、七面鳥は結局毎回ヒット食らってたわけですが、敗因としては1.撃たなすぎ 2.隠れてるつもりで一部露出してた あたりが思いつきますね。無駄弾を警戒しすぎないで牽制の数発を撃てるようにならないと。あときっちり遮蔽物に収まるようにしないと。
あと、「覗いて確認してから銃を上げて照準して撃つ」ではそりゃ反応遅いですわ。視線を射線に固定したまま確認し、即座に撃つか引くか移動するか判断し行動出来るようにならないとまだまだ死にますねこれは。

FA-MASで遊ぶのも楽しかったですが、インドアはハンドガンの方がやはり取り回しは絶対に有利、なので、次にやる時は「マグチェンジをガンガンしつつ戦う」スタイルがやりたいですね。ウィルソンのマガジンは今更もう手に入らないだろうから、デトニクスのマガジンを増強出来れば。

そしてマテバ。6mmマテバ欲しい。
出来ればソリッドステートソサイエティ仕様のバックサイドで吊りたいので4インチに改造するとして、バレル切っても惜しくない程度のものが入手出来れば……

って、もう次回また行く気になっているあたりがハマった証拠か……  

Posted by 二式大型七面鳥 at 19:44Comments(0)サバイバルゲームデトニクスウィルソンLE